じゃんく日誌

おじさんのじゃんく日誌、ラジコン飛行機中心の覚え書、ジャンクのCDROMドライブをかき集めてはばらし続けて100台以上って異常?小型機体、小型モーターの自作に執念を燃やします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロマスターHG最後の勇姿


Ameba Vision動画URL
室内お遊びヘリコプタのメインの座はハニービーに譲って勇退と言う事で心置きなく改造にかかっています
動画は3CH動作の挙動に不確実さに見切りを付けてハニービー方式の微速前進のセッティング+機首左右コントロールでオリジナルより自在?に飛び回る様子(苦笑)最後はバッテリー切れ
二重反転ヘリのスワッシュプレート、4in1コントローラ、ファルコン1.7gサーボ×2個、2セルモータへの換装、2セルリポ
の算段ですがモーター選択でつまずいています
この後この話題が立ち消えたら失敗と思ってください・・・なはは
スポンサーサイト

HoneyBeeハニービーTake2(飛ばしすぎにご注意)

DVC00060_M.jpg
アマゾンから到着の10月上旬までまだまだ間がありますがどうも全国的で爆発的?(一部マニア?)に売れてる様子
いやぁ確かにはまる人は嵌る面白さです
さて箱出しで絶好調だった家のハニービーですが何度も落としてるうちに素直な微速前進性格からホバリング好きに変わってしまいました
ノーズに錘を付ける事も考えたのですがパワーの入れ方でホバぎみ前進ぎみを変化付けられないかな?と胴体の小翼にセロテープを貼って見ました
DVC00058_M.jpg

DVC00059_M.jpg

結果はかなり効果有りで程よく前進、左右のコントロールも良好で8の字旋回が楽になりました
セロテープで小翼を挟み込むように貼り付けて適度なテンションと風を受け流してしなる感じがよろしいのではないかと勝手に悦にいってますが・・(眉唾もの)
動画テイク2
どうも撮影時には緊張してしまいますね

少し遅くなりましたが金物屋さんちを見たらカナード翼装着のティップスが載ってました(カッコイィ)
紹介してくださってるリンク先も必見
情報量が膨大で英語になってしまいますがラジコングループのスレッドも情報てんこ盛りです
Fujinawaさんはいち早く分解して画像を公開して下さっています
これからカッターを入れようかという人はよく見てから腑分けしましょう
良い物は話題が話題を呼んであっという間に情報が集まってくるのですね
実はTAIYOのライトフライなんぞも入手済みなのですが
飛ばないと言う噂や、パッケージを開けたとたん飛ばす気が失せた・・なんて事もありますから(もごもご)

そうそう、レシートを確認してるのですが私の購入したヤマダ電機月○店では税込み3660円おまけに今回ポイント403Pなのですがネットで見てると4000円以上の店舗もあるようで、うちを見て走った方御免なさい
店舗間で違いがあるものなんですね

ここで由々しき問題がぁ
喜んで飛ばしこんでいたら普通のヘリを飛ばした時に安定しません
調整が狂ったかな?と思ったらどうも指が、体が、脳みそがハニービーモードになってしまったみたいです
まったく別物だしまったりと飛ばしてるのだから影響は少ないと思っていたのですが私の場合そうでもないようです
パワーを入れようと思ってダウン打ってるし頭を旋廻させようとしてエルロン打ってるし
もっと飛ばしこむならスティックの入れ替え改造は必要かもしれませんね
DVC00006_M.jpg
父ちゃんやけに気に入って入れコンドルにゃぁ~~
オイラも興味津々
DVC00001_M.jpg
でももう付き合いきれにゃいわ
いい加減にせぇ~ょ、ほらほら普通のヘリがちゃんと飛ばないにゃん

HoneyBee ハニービー◎♪

DVC00054.jpg

こらえ性のない男です・・・・
ヤマダ電機で3660円
どうせ複数機欲しくなるんだし・・

左手スロットルのみで右手に携帯で動画撮影してます
とても安定してます
もちろん右手も使えば結構思ったところにコントロール出来ますね
マイクロマスターHGに比べてとてもコントローラブルです
安定感、小ささ、威圧感の無さ静粛性
これは室内お遊びトイラジオブザイヤー決定でしょう♪

当り個体だったかもしれませんが程よい微速前進でテールの向きを変えてやることにより狭い範囲で思ったところに移動可能です
うっかりすると赤外線コントロールだと言う事を忘れて送信機をあらぬ方向に向けてしまいますがコントロールは途切れませんでした
動画のように吹き抜けのガラスからかなりの日差しが差し込んでますが問題ありません
LEDは3個ですがなかなか強力です

購入したのは機体色赤のAバンドです、黄色はBバンドで
送信機にはA,B,Cの切替スイッチが付いています
060922_132022.jpg
良いですよ

ということでもう一回飛ばしたら寝ます

NIKKO i-Rider


ちょっとブログ内に動画の貼り付け実験中なり

インドア小型ヘリコプターで空撮ビデオ

DVC00050.jpg

例のロビンソンちゃんにオークションでよく見かける無線カメラを搭載してキッタナイ部屋の中を空撮してみました
DVC00053.jpg

動画

飛行、撮影は一発で成功したのですが予想したとおりノイズ対策を一切しなかった上にモーターのすぐ横に裸のRFモジュールを配置してしまった為にかなりノイズののった画像になってしまいました
ヘリから電波で飛ばし(1.2ギガ)>受信機で受信>家庭用DVD、HDDレコーダに録画
と言う構成でやったのですがHDDから上手くDVDに焼けなくて最終的には更にビデオ出力をDVビデオレコーダに録画>IEEE経由でウィンドウズXPに取り込み>それをアメーバにアップロード
とコタコタに経由してますのでヘロヘロの画像になってしまいました
実際にはもっと明るい綺麗な画像が撮れます
ノイズだけはかえって目立たなくなっていますが・・

オークションで取引されているRF式小型カメラには音声あり音声なし
レンズの違い・・など色々なバリエーションがありますが
基本的には似通ったモジュールを使った似たような商品でバラスとその価格の違いが?のような物が多いです
DVC00001.jpg
こちらは音声付でちょっとレンズがイイと称される方

DVC00181.jpg

こちらは一番安く取引されてる音声なしでレンズも一番良くないものですが

バラスと
DVC00046.jpg

どちらも同様のパーツで音声なしの方もキッチリとマイクは付いていたりします
受信機の音声出力が省略されているだけの模様です
小さな基板がRFモジュールです
カメラ基板に若干の違いがありますので簡易的なオートアイリスの回路が組み込まれているかもしれません
送信側は006Pの電池からACアダプターで10V前後まで動作可能です
DVC00048.jpg

006Pの電池ってこんなに重かったのね・・
リポに慣れすぎてビックリです
素のままのカメラとバッテリーを搭載するとなると60グラムを越えてしまいます
ロビン君のペイロードは測っていませんが実験するのも余りにも可哀想ですし006P電池ではあっという間にバッテリー切れを起こしてしまいます

そこでケース分解し電源はヘリのリポから貰う事にしました
9V以下ではかなり画質が落ちるのですが一先ず実験なり
DVC00042.jpg

音声付の大きなカメラの方もバラスとこんな具合に軽くなります
DVC00043.jpg
リポと機体の間に電源を貰うための分岐ケーブルを作りました

DVC00049.jpg
総重量はこんな物ですから意地になって裸にしない方が搭載時に困らないかも(爆)
レンズは1グラムでも軽い方を組み合わせてみました(音声なしの方)
DVC00044.jpgDVC00045.jpg


搭載は私の工作ですからかなりいい加減

DVC00051.jpg

DVC00052.jpg

室内なら電波の到達距離とかは気にならないですがデットポイントは出来るでしょうね
モーターにたっぷりコンデンサーかましてRFモジュールにシールドすれば小型飛行機にも流用できるお手軽ビデオ空撮グッズには使えると思います
ノイズ対策が一番肝なんですが

リンク切れ多発警報

当ブログに移行する以前のページですがジャンクCDドライブの型番情報などいまだに自分でも参考になるデータがあると思います
置いてあるサーバーはまだ契約してあるのですがドメインサービスを切りました
そこでURLがhttp://deny.on.arena.ne.jp/boss/rc.htm
に変更になりました
このURLで飛ぶと本文は読めますが画像や動画へのリンクは切れています
どうしても見たいと言う奇特な方は(笑)
http://jopp-in.net/の部分をhttp://deny.on.arena.ne.jpに置き換えてアクセスお願いします

データだけでもブログに移行しようと思ってるのですが、、なかなか時間が取れませんですm(。。)m

多分そのうちこのサーバーも撤去しますのでその時はどうしましょかね
動画置き場もアメーバとかyoutubeでいけるようになりましたし無駄なサーバーをあちこち確保する必要はなさそう

toktokだけはごめんだな

ドンキ!

DVC00038_M.jpg

本日のドンキホーテの折込チラシです

ハニービーいよいよ出荷の模様
アマゾンのマイアカウントを確認したら配送予定日:2006/10/3 - 2006/10/4となってます
う~む微妙だな、2週間近く我慢できるかしら(笑)

携帯電話でエアロソアラをコントロール(嘘ぴょん)

IMAG0029.jpg

あは、タダの思いつきですが(写真の日付がおかしいにゃ)

タカラトミーから今度発売になるQステア良いですね♪
img22128695.jpg

タカラとトミーが合併したのでチョロQまで赤外線でコントロールできるようになっちゃいました
んでもってこのサイトから携帯用のアプリをダウンロードすればQステアを携帯でコントロールできるんですね
商品の発売は9月30日?もっと遅れるのかな?
ですが既にアプリはダウンロードできました

もしかして。。と思ってチャンネルをA,B,C,Dと全部切り替えながらエアロソアラ君に向けて発射してみましたが誤動作すらしませんでした(あたりまえか)あははは
ガン助も反応しません

少なくともこのQステアのメカを使ったインドアプレーンを作ればお手軽に携帯からコントロールが出来ますよね、(到達距離とか問題ですが)

どなたか携帯のアプリに強い方、若しくは受信機側のプログラムをいじっちゃう凄い方・・・
いないかなぁ~~  (完璧他力本願モード)


Robinson 22 Helicopter &フタバC9HP Super

DVC00035.jpg

相変わらずお家で出来る事で楽しんでます
ちょっと臨時収入があったのをいい事にポチポチ
www.flying-kit.comのRobinson 22 Helicopter。。。。まあもにょもにょごにょごにょの訳あり商品ですが御容赦m(..)m
95$で送信機付き800mhA2セルリポ、2セル3セルバランス充電器付きのフルセットで注文時にバンド、送信機モードが指定できました

んがぁ~!
いざ蓋を開けてみたら充電器のアダプターの交流端子が海外仕様、送信機のモードが左スティック、エルロン、エレベータ!
あらあら、LAMA V3を頼んだ時はノンプロブレムだったのに・・(おいおい V3もお買い上げかよっ)突っ込み禁止
しか~し隠し玉登場でつ
暫く何処も品切れだったフタバC9HP Super送信機のみがリトルベランカさんに久々の入荷
知らぬ間に気絶してポチっとしてました
んでもって怪ヘリの送信機なんて使わずにこっちを使ってみようと言う事で設定してみました
R22のバンドは72Mの21バンドで購入してありますので送信機のシンセサイザーを21バンドにセット
モジュレーションをPPMに指定
スロットルチャンネルをリバースに設定
これで送信機オン、機体側オンにしてみた所ちゃんと動作しました
あとは各チャンネルの動作を確認しつつリバース設定が必要な所にリバースを入れます
いざ離陸なり、、動画
何回も一人撮り撮影に失敗してなんとか撮れた1本ですのでバッテリが残り少なくなっています
バッテリーが少ないとラダーのトリムがずんずん狂って行き舵を打つ度にパワーを食われてホバリングが安定しません
そこでこんな動画ですがフル充電の時のホバリングはかなりの安定性でピタッと止まります(恐るべしっバ○ヘリ)
動画でかっこつけて色々とやろうとするからいけないんですがね
スケールボディで重い分バッテリーの消費は早いと思われますが800ミリでも十分に遊べる範囲です
ブレードのバランス取りなどして振動を減らすとテールのブルブルも収まるでしょう

ヘリ用プロポを入手したのはwalkera HM 052のセッティングをキッチリと煮詰めたいからです
このセットにもかなりの多機能な送信機が付属してますがディップスイッチで設定モードに入りスティック位置で設定値を指定すると言う最近のヘリプロポを知らない私にとっては難解なものでした
なんせ昔ヘリを飛ばしてた時は何の機能も無い素の4チャンネル送信機で飛ばしていましたから
そこでこのロビンちゃんで手始めに設定の練習をしています
この機体に対して設定する事は無いのですがスロットルカーブをいじってみたりトレーニング中
それでもホバリング付近のカーブを下を持ち上げちょい上を下げたらぐっとホバリングしやすくなりました
セッティングを理解したら飛ばしたいヘリが一杯あるなぁ


こんな物が飛び回っても平気で寝てるモミ、マイコも恐るべしっ!!
彼女達の上空は飛行禁止と戒めてますが・・・
DVC00031.jpg

図太すぎる
逃げてくれた方がありがたいのになぁ

TAIYOの新製品

top.jpg

雑誌の広告では既に見ていたのですがTAIYOさんのWEBは更新が遅れ気味?
やっと出ていましたアクロファイター
水陸両用離着陸をうたってます、ほんまかいなって感じですがなかなかカッコイイ!
かなり乱暴な離着陸、離着水動画必見です
機体寸法 長さ450mm×幅560mm 希望小売価格(税込): 8,190円と大ぶりちょっとお高いですが改造ベースに面白そう
例のスイッチ式?のエレベータ付き
実売はいくらになるかな

top_img.jpg

こちらはリポ搭載でスパン360mmツインプッシャーとエアロウィングス風味のライトフライ
なんとも可愛いフォルムでそそられますし価格もエアロウィングス並み
エアロウィングスは今なにやら製品回収騒ぎで再発売待ちですので食指が伸びます
こちらも動画必見
充電時間約30分飛行時間約3分と言うのはエアロウィングスよりパワーを搾り出したセッティングでしょうかね
それはそれでパワーがあれば嬉しいかも
飛ばないと言われてたニッコーのi-PLANEも改造ベースにはなかなかいけてるみたいですが、この機体はi-PLANEより好きな形だなぁ

ここは一つトイラジマニアとしては日曜辺りに子連れでザらス、ドバシ、ビック、ヤマダ、ドンキ、スーパー参りかな
子供の予算とおやじの予算どうバランスするかが問題です
DVC00027_M.jpg

オイラ寝ぼけながらバランスとってます

TAIYOママーズからメール来ました
アクロファイターはママーズ価格で6980円なり

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。