じゃんく日誌

おじさんのじゃんく日誌、ラジコン飛行機中心の覚え書、ジャンクのCDROMドライブをかき集めてはばらし続けて100台以上って異常?小型機体、小型モーターの自作に執念を燃やします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MDモーター、ダブルワッパーで効率アップ

200510142112000.jpg


200510142140000.jpg

KENWOOD DMC-G5のステーターを2組使ったダブルワッパー?で作りました
0.12㎜巻き線を45ターン 端子間抵抗3.4オーム(スター結線)
ステーターの厚み3㎜ アウターローター缶は前作の3㎜φ 1㎜厚ネオジ8枚構成
モーター重量2.7g
U-80プロペラ最高回転数 8200回転時の最大電流値は0.3~0.4アンペアを行ったり来たり
KOKAM360 1セル 満充電
(相変わらずのプアーな測定環境御容赦)

かなり効率が上がりました、発熱もまったくと言っていいほどありません
やはり推力10g辺りを境にあまり薄いステーターでは入力を受けきれないのではないでしょうか
この数値ならもう少し巻き線を減らしてパワーアップも目論んでもまだ電流値は許容範囲でおさまりそうです。

さてこれをやってるうちにハタと困りました
4インチペラ辺りで高回転のダイヤの中庸を取って推力20グラムを目指すはずが、、MDモーター初搭載機にと思って急遽製作した機体が下の写真なのですが
(スパン28cm 機体重量6グラム グライドテストはまずまず)
これってどう見ても4インチペラは大きすぎて無理やり付けてもトルク負け必至
現状ペラは入りません
と言うことでU-80ペラで実験してます
機体全備重量が20g台前半でエレボン仕様で出来ると思いますので今回のモーターで飛ぶと思うのですが(設計は別問題ですが)
200510142129000.jpg

元ネタ?インスピレーションの元はワッテージから新しく出るらしいトイラジのRookieです
可愛いですね
デルタ機の良い所とプッシャー機の良いとこ取りで新鮮なのでパクッてみました
以前GWSのてんとう虫、金魚を飛ばしてなかなかの飛びっぷりだったのでこのような機体を作って見たかったけど通常のレイアウトではモーター、ペラが勿体無いと思っていたんですよね
157105.jpg

機体下側の写真を追加しました
200510150443000.jpg

スポンサーサイト

コメント

面白くなってきました

DENYさんの飛行機ぜひ作ってみたいですね。スチレンペーパーでしょうか。胴体と尾翼は下でつながっているんですか?
重心位置付近にプロペラが位置するように感じますが、プロペラのスラストはかなり前方上向きにつけることになるのでしょうか。

モータも飛躍的に効率が良くなりましたね。
U-80のプロペラ係数は31になります。私の本では27になっていますが、推力測定装置のフリクションで誤差がありました。すみません。というわけでU-80で8200rpmは推力13.7gということになりますね。
面白くなってきました。

  • 2005/10/14(金) 23:24:34 |
  • URL |
  • toko #-
  • [ 編集]

情報、嬉しいです

プロペラ係数情報有難う御座います
得した気分です^^

機体は主翼、垂直尾翼が1㎜のスチレンペーパーで胴体が1.5㎜のスチレンペーパーです。
胴体は翼型を描くようにアールを持たせてありテールまで下側で続くようにしました。
その結果薄いスチレンペーパーの主翼でも強度が出ています。
胴体はまだ薄くてモーターマウント出来ないので後から発泡スチロールかEPPでサンドイッチしようと思っています
一先ずグライドテストで良好な重心位置を求めたら重心位置より後ろにモーターを持って来ようと思っているので今の胴体プロフィールは暫定です
サンドイッチする材料で後ろに伸ばそうと言う算段です
カッコ的にはこれぐらいが可愛いのでスラストの調整でやってみたいのですがドンピシャ重心上の動力と言うのは調整が難しそうですね

  • 2005/10/15(土) 04:13:50 |
  • URL |
  • DENY #/.OuxNPQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rc.blog3.fc2.com/tb.php/134-0b7b7074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。