じゃんく日誌

おじさんのじゃんく日誌、ラジコン飛行機中心の覚え書、ジャンクのCDROMドライブをかき集めてはばらし続けて100台以上って異常?小型機体、小型モーターの自作に執念を燃やします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLUE BIRD BMS-303サーボ

20050214050352
重量3グラム台でしっかりした動作の小型のこのサーボ
発売と同時に何個か購入し重宝して使っています
そのうちの一個が機体に搭載しリンケージチェック段階で妙な動きをし始め
程なく振り切ってしまいました。
中立位置に戻しケースを上下に押さえ付けると安定動作します
現在品不足の様ですし、修理と言っても現実的で無かろうと諦めてばらしてみました
とてもシンプルな造りで裏蓋を剥がすと基板とモーターが現れましたが
基板をめくるとポテンションメーターの抵抗が基板に直付け
その基板がギアから伸びたシャフトに乗っかってるだけなのです

細かい説明をするのに携帯の画像で申し訳ありませんが…
写真の基板上のICの右横がポテンションメーター
サーボの左側に見えてるのがシャフトで先端がマイナス形状になっていてポテンションにささります

サーボのケースは四隅の凹凸ではまっているだけです。
ポテンションとギアシャフトははまってケースで基板を押さえてる力だけで保持されています
接着等はされてません
今回はかなりケースが緩んでいたのが動作不良の原因と思われます

ケースがネジ止めでは無い場合縦にシュリンクしてある製品もあり、
そうで無い場合は両側から製品シール等で分割ピースを被ってる物が多いです
このサーボの場合そのどちらも有りませんからセッティングする時に気をつける必要が有るのではないでしょうか
今回は新品未使用ですが墜落後などは要チェックだと感じました

その他は造り、動作ともにこのクラスとしてはしっかりしてますし
或る意味特殊な製品ですから悪感情は無いですね

底蓋が開いてしまわない様に注意注意!
☆\(>。≪)の
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rc.blog3.fc2.com/tb.php/39-41192d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。