じゃんく日誌

おじさんのじゃんく日誌、ラジコン飛行機中心の覚え書、ジャンクのCDROMドライブをかき集めてはばらし続けて100台以上って異常?小型機体、小型モーターの自作に執念を燃やします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPP 38センチスパン PITTsの詳細

↓のピッツスペシャルの製作過程を
私としては珍しく携帯でメモってましたので(笑)
写真を10枚程アップします

続きを読む・・・から入って下さい20050218035050.jpg


RC GROUPSのマイクロピッツのプラン
を拡大したスパン38センチバージョン
素材をバルサからEPPに置き換え
EPP素材は殆ど45倍発泡2ミリスライスで胴体はプラン通りの構造
主翼はオリジナルがバルサシートのみのカンバー翼に裏リブに対し
EPPで強度を出せる構造では無いので底面もプランクして
リブ組みモナカ構造(ボトムフラット)で組んでみました

スパーに相当するものは無く
翼の底面プランク材にカーボンの補強を入れると言う方法を
考えてみましたのでその実験も兼ねます
上手くいったらピーナツスケールの機体にフィードバックしようと言う試みです
20050218035213.jpg

planの図面を拡大コピーしてスパン38cmに調整しました
胴体部分を45倍発泡2mmスライスのシートから切り出します


20050218035224.jpg

胴体の背の部分。スコッチのプラスティック用を突合せ面に
少量塗りよく乾かしてから継ぎ合わせ接着します


20050218035234.jpg

胴枠を切り出しアジの開き状態の胴体に接着していきます
胴枠も2mm材でやりましたが強度が欲しいので熱をかけて硬めにしてあります出来上がって下翼まで接着した段階ではこのクラスもしくは
ピーナツサイズの軽量機には十分の強度が出たと思います
また胴枠をスチレンペーパーで切り出す方法も良いかもしれません


20050218035254.jpg

胴枠F1~F4まで組み込みした状態


20050218035245.jpg

この状態で重量2.1g


20050218035308.jpg

2mmスライスから上翼、下翼の底面部分として翼材を切り出します
翼にカーボン補強の為のスリットをカッターで入れます
補強用のカーボンシートを2mm幅に切り出し(割き)
スリットに入れ瞬間接着剤を流し込み固定します


20050218035319.jpg

リブを切り出しリブ位置に接着します
今回はプランと同じ翼型で底面フラットです


20050218035330.jpg

翼の上面をプランクします
今回は1.5mmのスライスを使いました
図面通りに切り出した場合、丁度リブのの外周に沿った形ですので張り合わせた場合下面材が余ります
後で前縁後縁を成形します

プランク済みの上翼と胴体


20050218035050.jpg

写真はプランク済みの翼の上に”うなずき君”を乗せて強度テストしているところです
その下は2mmのEPPの無垢シートです
当然のように何もしなくてもダラーンと垂れていますが
出来上がった翼は”うなずき君を乗せても少しのたわみも見せません
重量を測るのを忘れました;;
このままでは急激な引き起こしには耐えられないと思われますが
複葉機で上下、胴体の接合によりトータルで強度が出るとふんでます


20050218035345.jpg

ここまで組んで重量8.9gです

下翼の上半角の工作は
翼を左右別々にプランクしてフラットで仕上げてから
補強カーボンを中央より切断し
上半角を付けた状態で左右のプランク材の余り部分をカットし接着
裏側のカットしたカーボンに新たに2センチ程のカーボンを沿え
瞬間で接着しなおしています
翼両サイドの支柱は1ミリのスチレンペーパーで作り
翼のプランクに切れ目を入れて挟み込み接着します
プランでは支柱の接合面は翼方にカーブしていますが
この場合直線になります

水平尾翼にもカーボンを一本入れてあります

実は上翼と胴体の固定が一番の肝だと言うことを忘れていました
固定部分の胴体側は2㎜EPP一枚のみですから
この部分に補強用の胴枠を入れないと駄目でしょう

以上、殆どペーパークラフト感覚で出来ます
スポンサーサイト

コメント

凄いですぅ

いやいや、凄いですねぇ。
もう何でもござれで出来ちゃいそう。

このサイズですと、究極の目標体重はどれくらいなんですか?

  • 2005/02/18(金) 20:29:05 |
  • URL |
  • 裕ちゃん #-
  • [ 編集]

ども、
このクラス以下になるとやっぱりバルサの方が軽くしっかり組みあがるみたいですね
オリジナルのPLANで7とか8gぐらいですか
EPPの本領発揮するのはこの辺りからもう少し大きめの機体でしょうか

でもこの工法は楽しく色々出来ちゃいますよね
重さにこだわらなければ小さいパーツをどんどん作ってデコレーションも簡単だし
タイヨー機みたいにのっぺりと塗装すれば
ディスプレイにも耐える物が作れそうです

バルサでこの曲面を工作するには何枚か駄目にしそうです

未明さんのやられていたペーパークラフト工法?と同じですね
楽しいですよ

  • 2005/02/18(金) 22:02:05 |
  • URL |
  • DENY #VANybMtI
  • [ 編集]

いい感じですね。

丁寧な作りですね。かっこいいです。

私も今、バルサでこれを作っています。ただ、余った重いバルサで作っているので、重たくなるのは仕方がないのですが、極力軽くしてみたいと思っています。
ちなみに、私のHPのカブもこのピッツの手法で作っています。まぁ、まだ設計しておいて作ったことはないのですが・・・

  • 2005/02/19(土) 08:43:13 |
  • URL |
  • COCO #ANhQsRlk
  • [ 編集]

マイクロピッツ

今晩は、先日来よりこちらにお邪魔(拝見)させて頂いております時代屋といいます。
ESFC エルム インドアスローフライヤーサークル皆様よろしくお願い致します。

ミニピッツですか・・・ウーン・・すごい
ミニというかマイクロピッツですね、製作ページも見せてもらいましたが
丁寧な作りで・・正確に工作すると・・軽量になるんですね
強度テストもたいへん参考になりました

受信機とサーボは一体型のタイプのようですが5.4gのものですか・・・?
モーターは自作との事ですが・・そのへんの所も見たかったです、これからもお手本とさせて頂きます。
訳のわからないトンチンカンな質問をするかも知れませんが色々とお教え下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rc.blog3.fc2.com/tb.php/41-dfb51f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。