じゃんく日誌

おじさんのじゃんく日誌、ラジコン飛行機中心の覚え書、ジャンクのCDROMドライブをかき集めてはばらし続けて100台以上って異常?小型機体、小型モーターの自作に執念を燃やします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6グラム台CDモーター作成 まずは出来上がって回ったのだけれど

20050103042721.jpg

SMK Ver2 に作ったモーターの素材を探してもなかなか見つからないので

SMK軽量化も一先ず成果を見たことだし>と言うことで

モータを外してばらしてしまった

再度軽量化に挑戦

アウター缶を削りこみ減量。ステーターを二枚減らして2㎜厚にした

シャフトは2㎜カーボン。ステーターホルダーに0.5mm厚の7㎜径アルミパイプ10㎜

内径2㎜外形6㎜のベアリング2個

巻き線は0.26㎜28ターン、スター結線

ミキホビーの磁石12枚貼り



5インチのピッチの低い方からテスト運転

おう♪良く回ってる~~~と思ったらなんだか異音がしてきたので中止

分解して見るとフロント側のベアリング脱落

接着部分を手でしごくと瞬間接着剤の硬度がまるきり無く柔らかい

おんやぁ?と思いあちこち確認したら磁石はボロボロ剥がれるしシャフトも空回り

そこらじゅう接着がダメ駄目

( ̄□ ̄;)!!





犯人はこいつ



まあ、私が悪いんですが・・・













いつもはアロンアルファ、プロ用 耐衝撃を使っていて

垂直墜落のきつい衝撃でも磁石の剥がれやシャフトの抜けは無いのだが

丁度切らしており目の前にあったこいつを使ってしまった

よくよく説明書を見たらこのメーカー(日本ロック)の耐衝撃の物は480 411 410

と言う型番らしい

しかし弱すぎ・・樹脂系の接着剤みたい

あ~~~ぁ情けなか



でもこいつはこいつでEPP機体の製作には良いだろう

私はEPP製作で瞬間を多用するがあまり硬度の高い物を使うと墜落時のダメージが大きい

ねばりのある瞬間が欲しかったところ



モーターは全部ばらして一から作り直し



大変な削りこみは終わってるし、巻き線はやられてるかもしれないが

まずまずの感触をつかめたので善しとしよう

このモーターは3D飛行を意識せず軽量化、小径ペラで推力はあまり求めず

スパン38センチ低翼機に使うつもり

20050103043029.jpg

20050103043222.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rc.blog3.fc2.com/tb.php/8-073e7e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。